Nameless Hero 第一話 アニメのようなヒーローにはなれないお話。

 

「ありがと」

その少女の言葉はボクに【ヒーロー】をくれた。

「最近疲れてるのかな……」

高層ビルのガラスに反射した顔を見るなりそんなことをつぶやく。
過去の自分がよく見えるなんてそんなヒーローがいていいものだろうか……。

「2年くらい前の僕のがいい顔してたかな」

自虐的な自問自答を繰り返しながら今日も馴染みのアイテムショップで装備を買い、
馴染みのショッピングモールで食料を買う僕の姿があった。

「それにしてもあの人たちは相当いい装備してたな……どんだけ稼いでるんだって感じだよ……」
「僕だってもっといい装備があれば、もっと強い相手にも立ち向かえるのにさ……」

他のヒーローに対して僻んでしまうほどポンコツヒーローが今更強い装備をもったところで本末転倒。
善意のはずの人助けが僕の中ではもうすでに一つのビジネスと化してしまっているのかもしれない。

昨日の依頼も結局自分が危ないところを他のヒーローに助けてもらってしまった。
依頼主には捨てられた子犬をみるような同情の目をされて本当に苦痛だった。
依頼料+同情料という何とも恥辱にまみれた報酬をいただいたのも含めてだ。
僕がそれにまだ「悲しみ」という感情が湧いただけでも、ヒーローとして道を外さなかったと賞讃したい。

「ああ、なんかしょっぱ……」

無意識に足は路地裏へと向かう。こんな「情けない」姿見せるわけにはいかないと。
僕の中にあるヒーローというプライドがそうさせたのかもしれない。

「僕は……ヒーローでいいのかな……」

「いやいや……本物のヒーローでもないか……ハハっ……」

水滴の流れる部分を誰にも見られぬように拭いつつそんな自傷的な言葉を放つ。

弱気になるといつも思い出すことがある。
僕がまだごく普通の少年でたまたま拾った変身ベルトでヒーローになったときのことを……。

平和な生活を送っていた僕に襲い掛かった非日常。
いつもどおり学校の帰り道にお気に入りのクレープを買い食いするため訪れていたイベント会場でそれは起きた。
謎の武装集団が突如そのイベント会場を占拠してきたのだ。
僕と同じく平和な生活を長く生きすぎた人達は皆何かの催しものかと思ってしまっただろう。
あまりの非日常的光景に理解するまでに時間がかかったということもあり多くの人達はその武装集団に
捕らえられてしまっていた。
僕はヒーローイベントショーだとニヤニヤとほくそえみながら勝手に決めつけたので、ベンチでその状況を遠くからひっそりと眺めていた

「イベント会場一帯に爆弾を仕掛けた」

武装集団のリーダーだと思われる人物がそういうと突如僕の後方、ベンチが爆発した。
さっきまで美味しくクレープを頂いていた場所は跡形も無く塵になり、教科書だらけの鞄で降ってくる瓦礫から身を守る。
同じく近くに居た人達の絶望の表情を見てしまい、パニックになりそうな自分を必死に抑えつけていた。

「え、これって現実なの…?」

そんな弱気なことをつぶやく僕の前にあきらかに自分のものではない落し物があった。

「これって軍の量産型の変身ベルト……?」

なぜそこに謎の変身ベルトがあったのか、なぜその謎の変身ベルトで変身しようと思ったのか。
未だにわからないが、おそらくあの状況ならば最後の可能性にかけようと誰もがその得体の知れない。
変身ベルトで変身していただろう。

そう、僕は初めから選ばれたヒーローではなかった。
たまたまその場に居た人達の中で僕がそれを拾っただけ。
僕じゃないだれかがこれを拾えばまた違う道を歩んだかもしれない。
すごい正義感があるわけでもなくなんとなく変身してしまったごく普通の少年だったのだ。
変身後、身体能力が上がっているのを理解したのは近くにあった鉄パイプをなにげなくねじ曲げた時だ。
冴えない日々とお別れを告げるには充分なきっかけだった。
小さいころから見ていた漫画やアニメの影響なのか、颯爽と僕は、僕に最後の可能性をかけさせた謎の武装集団に戦いを挑んでいた。

鳴り響く銃声に正直ビビリながらも銃弾が体に当たったと同時に特に何も変わらないことに気づいたときには、
自分の姿にどこか酔いしれ心のどこかで「い、いけるかも!?」と思ってしまったことは隠しようも無い事実である。
調子に乗った新人ヒーローは颯爽とやつらへと詰め寄り、中学生の少女を瓦礫から救い、
あらかた武装集団を捻り潰していたところ「オイ」とよばれた。

振り向いたときには顔面には激痛と同時に視点はバグッたかのように一瞬ぐるりとなった。

どうやら宙を舞っていたらしい。
ふらふらになりつつも立ち上がった僕が次に見た光景は文字通り鋼の肉体を纏ったラスボスのようだった。
自分がリーダーだと勘違いしていたおかげで僕は難なく彼らにチャンスをプレゼントしていたようだ。

「ヒーローの真似事は面白いか?鉄屑が」

死への秒読みがはじまっていた。

僕も周りも全てをあきらめた時、そこへ彼は来てくれたのだ。

『本物のヒーロー』

登場するなり彼はやつらを薙ぎ払う。
ラスボスには逃げられたのだがあっという間に非日常は日常へと変わる。
唯ひとついつもと違うとするなら何も出来ずそこでへたり込んでいるヒーローもどきへの非難の目だろう。
何も言えずただただ恥かしさと助かったことへの喜びで満ち溢れた哀れなニセモノヒーローの姿がそこにはあった。
開放された人々から浴びせられる罵詈雑言、白い目。当たり前だろう。
下手をすればやつらを刺激して捕らえられた人達はみんな殺されていたかもしれない非難されるのは当然のことなのだ。
だけど、ただひとりだけ僕に寄ってきた物好きがいた。先程助けた凛々しい少女だ。

「ありがと」

少女のたった四文字ともらった感謝の印。
それは、僕を今でもヒーローを続けさせている。
そして、僕は少女の約束を守り続けている。

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA