OVER ENDING【Re:bit】 第7話 正義と欠陥

『欠陥』を意味する『Faultフォルト』と呼称される『ソレ』は、人類の意に反して産みだされた『モンスター』の総称だ。
世界中の科学研究所や生物ラボ、生産ラインが≪V-data≫によって操作され、半自然発生する『ソレ』の目的は未だに分からない。暴れ出し人を襲う場合もあれば何もしない場合もある。発生した場所によって形状も違えば大きさも違う。共通するのは無限に生成され続けている点だけだ。

そして、発生地を封鎖してもすぐに他の場所で新たに生成されるその『脅威』への対抗手段として活躍している≪ヒーロースーツ≫もまた≪V-data≫によって体現化されたテクノロジーで作られた戦闘服だ。このスーツを装着すると通常の何倍もの身体能力を発揮できるようになる。名前の通り、まさに『ヒーローになれる』スーツ。

データシフトから数年後、統括組織≪NESTネスト≫が設立され、≪フォルト≫に対抗する彼らは<Advancedアドバンスド Suitスーツ Herosヒーローズ>の頭文字を取って≪ASHアッシュ≫と呼ばれるようになった。
今も彼らは世界中で平和を守る為に戦い続けてくれている、そのおかげでこうして学生生活を送れている。

そんな、世界中いたる所で優秀な戦闘員が必要になった今、資金のある傭兵会社では『下請兵士マーセナリーヒーロー』と称して独自にASHを派遣しているところもある。だから一概に<ヒーロー>=<NEST>とは言い切れない所に注意。ここテストによく出ます。ってな。
俺たちが通うこの技育専でもASHの育成に力を入れている訳だが、技育専は政府軍立の学校なので最終的にはNESTに所属するよりも政府軍の兵隊になるって流れの方が主流だしな。晴れてヒーローに成れるのはごく少数の<才能のある者>だけだ――それが現実だ……。

そして現実世界のフォルトとは別にデータワールドにも脅威は存在している。もちろんその原因もまた≪V-data≫だ。
≪V-data≫が創りだした新たな脅威、データシフト前は『バグ』やら『エラー』とされていた存在――≪抗電子情報体アンチデータ≫。

元々は実体のない『現象』として存在していたそれらはデータワールド内では実体を持つ『脅威』へと姿を変えて害をなすようになった。
リマイナーなんて職業は無かった当時はその勢いを止める事が出来ず、現実世界までも影響を受ける程の被害を被った。
一部の研究者の間では、フォルトの出現はアンチデータが原因なのではないかと考えられているが未だそれを証明するには至っていない。

今現在ではアンチデータの影響が現実世界に出る程では無くなりつつある。それも一概にVRC端末の研究開発が進みリマイナーが迅速に対応できる環境が整ったからと言える。

ちなみに『リマイン』という言葉が使われるようになったのは統括組織であるNESTが設立された頃からだとされている。
データシフトによって体現化された新たな概念自体だった為その行為の正式名称は存在しなかった。だから昔は『ログオン』やら『ダイブ』やらと様々な呼び方をしていたらしい。

そうして共通の呼称が必要とされて、『精神』と『肉体』が其々<電子世界データワールド>と<現実世界リアル>に『残留・存続』してる様から『Remain』という単語が宛てがわれたそうだ。そしてデータワールドで戦う者は<Remainerリマイナー>と呼ばれるようになった。
ちなみに本来、英語では『リメイン』と読む訳なんだが……。誰が言い出したか皆『リマイン』と発音している。テキストでも『Remain【リマイン】』とフリガナが振ってある始末だ。読み間違えから生まれたある種の和製英語ってやつだな。

俺たちが授業で行うVRCではデータワールドを模して作られた仮想現実ヴァーチャルリアルに≪リマイン≫する。そこでアンチデータを想定した対象と模擬戦闘を行う。
そして三年生になるとOJTの一環として実際にデータワールドで実務教練を受ける事が許される。
この『実務』と言うのがbit<CβTクローズドベータテスト>テスター選抜試験の参加資格として設けられた条件って訳だ。
当然だが俺には本物のデータワールドにリマインした経験は無い、あるのは授業でVRCの経験だけだ。

だから不満を溢し不平を口にしていたんだが、それも過去の話し!
今日の放課後に開かれる実技選考会で上位入賞すれば、その『経験』を不問として選抜試験に参加が許される<報酬>が貰えるわけだ! 何としても入賞したいッ! そしてもちろん、やるからには三人揃ってトップスリーで突破を狙いたい所だ。

同じヴァーチャル VリマインR系ゲームでも模擬戦闘と言うだけあって<アクションゲーム>や<シューティングゲーム>と≪VRC≫は全くの別物。
一般的な家庭用ゲームでは『実績』や『収集』といった目標となる醍醐味目的が存在しているが、それが無いんだ。VRCはアンチデータに対抗する技術を磨く事が目標に作られてる。
だから<戦闘>そのものが<目的本質>に設計されているんだ。

結局のところVRCはゲームはゲームでも<ゲーム遊び>じゃない――ゲームを模して作られたブートキャンプ訓練ってことだ。

<ヒーロー>にしろ<リマイナー>にしろ突き詰めれば兵士……ゲーミングスクールとは言えば聞こえはいいが結局のところ俺たちは予備兵に過ぎない。

初めて≪VRC≫をやった時は『中身の無い』ゲームただのクソゲーに感じたのは良い思い出だな……。
まあその『クソゲー』も今では楽しめるようになってきたもんだ。
<ストーリー>や<やり込み要素>こそ無いけれども、ゲームセンターとかにある『体感ゲーム』と同じでいい気分転換になる。いや、似て非なるもので最高に爽快な気分になれるって言った方がいいか。

だから俺にとって≪VRC≫ってのは、退屈な<授業日常>から解放される瞬間――いわば<心のオアシス>的な存在なんだよ。
だがしかしッ! それがどうだ、今日はその『お楽しみ』が世界史なんかに変わっちまった、……ッ早く終わらねぇかな授業。時間よ、早く過ぎてくれッ。

「えーここはテストに出るから勉強しておくように。いいですか、ここです。ここ」

黒板に重要な要素を書き出し、執拗にポイントを指差している。
俺の『願い』が受理されたのか、いつの間にか授業は纏めの段階に入っていた事に気づく。
あれ? そんなに長く想いに耽っていたのか俺……かっしーな。
まあいいかラッキー。

どうでもいいけれど、『テストに出る』から<重要>なのか、『重要』だから<テストに出る>のか。

いや、そもそも<テスト>に何の意味があるんだ?
技育専をはじめとするゲーミングスクールでは実技教科VRCの成績さえ良ければ卒業する事が出来る。それなのに他の教科にも成績という評価が課せれられている意味が分からない。≪リマイナー≫や≪ヒーロー≫になるのに古文や歴史なんて≪座学知識≫必要無いだろ。
百歩譲って『数学』と『英語』は良いだろう。<スコア計算>や<秒間与えダメージDPS>等を計算するにはある程度の計算力が必要になってくるし、最近の<デジタル用語ネーミング>にはやたらとカタカナ英語が多用されてるからな。

例えば『Interfaceインタフェース』は日本語に訳せば『接点』だ。だから、ゲームとかでよく耳にする『Userユーザー Interfaceインターフェース』ってのは<ユーザー>との<接点>を指していると理解できる。
ほら。意味が分かると、何だか少し賢くなった気がしないか? あれ、俺だけ?

……とは言えこのヘリクツはユナの請け売りなんだけどさ。

受験勉強の際に言われたこの<助言ヘリクツ>のおかげもあり技育専には無事合格出来たし、英語のゲームも『翻訳版の発売』を待たずにプレイできるようになった。……っても中学生英語ではニュアンス程度しか分からないから『日本語版』も買ってプレイし直してるけれども。

言っておくが、勉強は苦手ではない。言い訳に聞こえるかもしれないが、これは本当の事だ。得意でもないけど……。
必要性が見出せない知識を勉強するってのが何だか嫌なんだよな。
勉強した所でなんの<実績解除利点>が無いのにプレイヤーに『やり込み』を強いるとか、もうそれさ――クソゲーじゃないか?
時間の無駄としか思えない。もっと合理的に、効率的な<ゲーム仕様>だったら喜んで勉強してやるのにな。

だから正直な所さ、メンドクサイんだよ。……まあ要するに、これまでの下りは『俺はなにもできないクズで飽き性』ってことの説明書。
それについては自分でも納得出来てるし、仕方ないと理解もしている。
ええそうですよ。俺は勉強が出来ない唯の無能ってことです。ハイ。

……自分で言ってて悲しくなってきた。

そんなこんな考えている内に午後の授業が終わった。
案の定。先ほどの優等生は気持ちよさそうに寝落ちしている。ペンを持ったまま寝ている姿から彼女の『努力』を感じ取れたが、睡魔には勝てなかったようだ。午前中も居眠りしてたし疲れてるのかな?
そして俺は今回も出すだけ出して、使わなかったノートを鞄に戻す。

◇第7話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA