OVER ENDING【Re:bit】 第9話 友の追悼

◇◇

痛みにもがき苦しみながらも幸せそうな笑みを浮かべるコウヤの元に騒ぎを聞きつけた教師がやってきた。

「っく……ナユ、ここはオレに任せて先に行け! なーに、すぐに追いつく――」
「先生コイツです。俺見てました。コイツが侵入覗の犯人です」

女子更衣室を覗くだけでも重罪なのにそれどころか正面から堂々と侵入したんだ、死刑は免れないだろう。というか人をだしに使った奴にかける慈悲はない。
生活指導の教師にコウヤを差し出してこの場を収拾する。
南無。

「裏切ったなナユッ! 何があっても一生悪友でいようって! この戦争が終わったら一緒に暮らそうって約束した仲じゃねえか!」
「……死亡フラグ乙。じゃ先に行ってるわ、俺」

ああ、先に逝くのはアイツの方か。さいならー。

「畜生ッ! ナユッ! ナユゥーーッ! おまえダークサイドにおち――あ、ちょ先生イタいッス!ちょ先生!」

相変わらず芝居がかってるが、いつまでも付き合ってはいられない。
早く着替えてエントリーを済ませようと、俺はコウヤを見捨て更衣室に入った。

教室のロッカーとは違い、更衣室のロッカーは個々に割り振られていない。特にルールは無く、空いているロッカーを好きに使っていい。
まあ、実際の所は更衣室にまで個人用ロッカーを配置出来なかっただけだろうけど。物理的にも金銭的にも。
技育専は生徒数が多すぎるんだよな。更衣室のロッカーは中に制服を吊るせるよう縦に長いタイプが採用されている、しかしいくら<オートルーム>と言えども収納スペースには物理的な限界がある訳で、このサイズと数なると無理がある。

「さて、とっ……」

どのロッカーだとか、別に拘りも無いので適当なロッカーを開けて着替えを始める。
上着を脱いで代わりにリュックから≪ライフスーツ≫を取出し器用に手足を通す。

ライフスーツは上下が別になっていて、上はすんなり着れるんだが問題は下。

体にフィットするように伸縮性のある生地で小さ目のサイズなので、これを着るには少しコツがいる。
靴下の様にただ履くように着てしまうとシワだらけになったり、末端が締め付けられたりと不備が出るんだ。ハイテク全身タイツ。良く言えば最新式のスポーツウェア。最新と謳うならもう少し考えて作れなかったものだろうか……。

一度全体をたくし持ち、つま先から順に丁寧に履きいれ、ウェストまで引き上げたら手で膨らませて一気に引き上げる。
ユナ曰くストッキングよりかは履きやすいらしいが、普段そんなもの履かない男子からするとこの手間のかかる作業は悪夢でしかない。
この一連の動作のなかで、コウヤは如何にセクシーかつ素早く履けるかを研究しているらしいがそれは何に役立つのだろうか。

とは言え機能面は充実しているのが救いだな。バイタルサインのモニターや疲労軽減の為のコンプレッション機能、体温を一定に保ってくれる絶妙な通気性。
元々はアスリート用に作られたインナーと医療機関で使われていた技術を統合して開発されただけはある高性能っぷりだ。

上下の『着付け』を終えると、スーツが体の微弱電流を感知してバイタルチェックが開始された。うまくフィットしていないとこの時点で警告が出て着替え直す羽目になる。
空港の金属感知器を通る感覚に似て、毎回この瞬間だけは少し緊張する。
別に心配する程でもないが二度手間はメンドクサイから。

『――CheckComplete』
しばらくするとライフスーツのインターフェースが無駄に発音の良い英語で正常に動作を開始したことを告げた。

面倒な着替えも終わり、脱いだ制服と荷物をロッカーに放り込み電子ロックを掛ける。
そして更衣室を出る前に鏡で一応チェックする。鏡に映った自分の姿を見てこのスーツの欠点を改めて再認識する。

――それは体のラインがモロに出てしまうこのデザインである。

見えてはいないが隠せていない、肌を隠して肉隠さず。そう。四文字に集約するなら『衣触即発・・・・』ッ!
サイズもピっチピチで、触れる衣服が慈悲無用なアピール! これじゃ筋肉無いのがモロバレじゃんか。

体の凹凸がはっきり出てしまうというのは思春期の学生には色々と恥ずかしいものだからな……。

「上だけでもジャージ羽織って行こう……」

ジャージを手に更衣室を後にしてVRCルームに入るとすぐにユナが待っているのが見えた。
やっぱり女の子だし、そりゃ着るよなジャージ。
別に期待なんてしていなかった。
というか≪ライフスーツ≫姿で居られても、それはそれで目のやり場に困るしな。あったとしたらソレは『期待』よりも、後先考えない『下心』の類だろう。
こちらに気づき手を振る彼女は上下しっかりジャージを着用して羞恥心とは無縁の恰好で近づいてくる。

「ナユおそーいっ! 私よりも着替えるの遅いって何してたのっ? 四文字以内で答えよッ!」
「なんだよそれ。質問自体が『無理難題』なんだが? そうだな、『俺は女子』なのかもしれない……とか?」
「……えっ?」

ですよね。その反応間違っては無いユナ。自分でも何言ってるんだか分からない。
冗談ってのは相手に伝わって初めて冗談として成立するのであって、相手が内容を理解出来なければただの狂言に過ぎない。俗に言う『スベる』と言う現象はそのことを指す。そう……

今まさに俺はスベっている。物凄い勢いで!

「えっと、『女子は着替えるの遅い』ってよく言うだろ? それとユナより着替えるのが遅かった事を掛けて、俺は女――」
「な・に・そ・れ」

……うん。忘れてください。え、何これ。ユナなんか怒ってる?
ちなみにこれが俗に言う『傷に塩を塗る』というやつだ。痛い。ユナの目線が痛すぎるッ!

「ほんット、信じらんないっ! ナユもそーやって覗きに来るつもりなんでしょ? コウヤみたいじゃんッ! 自分は女子だから大丈夫ぅーとか言うんですかぁ?」

えーと……あー。そんな馬鹿な事した奴いたな、さっき。
そう言うことか、だからあんな冷たい反応だったのね。弁解ついでに一応伝えておく。

「覗かねえよ。――それにもう誰も覗く馬鹿はいない……っ死んじまったんだ。コウヤの奴。だからこれからは安心して着替えてくれ……ッ」

なんかアイツが絡むとコッチまで芝居染みるな。というかなんだコレ、うつったか?
中二病って感染病だったの?

「えっ……嘘でしょっ? ウソ? 死んじゃったの? 私、そんなに強く蹴ったッ……?」

素直なのは良い事だが、冗談だよ? 真顔やめて。
ときどき、ユナがどこまで本気で言ってるのか分からなくなる時がある。

「私もエントリー済ませてきたよーっ! ナユっ、『死んじゃったコウヤ』の分まで頑張ろうねっ!」
「おうッ! そうだな!」

他人事みたいに言ってるが正確には『殺しちゃったコウヤ』だユナ。
お前の蹴りが主な死因。たぶんな。

学生証をスキャナーに通してエントリーを済ませると選考会の詳細が携帯端末に送られてきた。
そこには注意事項と参加者一覧、そして選考内容の欄には予想通り『敵AIと一対一で行うランキングマッチ』と書かれていた。

「――おい待てよナユ。ナユお前この野郎! 『そうだな!』じゃねええぇだろ? 人の事、勝手に殺すんじゃねぇよ……ッ? ゲホッ、オレでなけりゃ死んでたぜ」

聞いた事のある声が耳元で聞こえた。

なッにぃぃい! コイツ不死身かッ?! 蹴り飛ばされた挙句、教師に説教されてみっちり絞られたんじゃないのかよ!!
流石は<前衛職タンク>。しぶとい。

◇第9話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA