OVER ENDING【Re:bit】 第11話 ボーナススコア

イラスト作者様
リンクイラストはさんに描いていただきました! Checkゲスト/メンバー絵師イラスト紹介

バーチャルVリマイニングRコンバットC>と呼ばれるこの仮想体験戦闘プログラムは、体感系アクションゲームに近いけれども『プレイする』というよりも体を乗り換える感覚に近い。
実際、他のバーチャルゲームとは差別化されて<Remainリマイン>残留・存続すると呼ばれているぐらいだ。
言うならば『転生する』と表現するのが近いだろうか。

そしてもう一つ特徴的なのは『攻撃手段』だ。俺が今握りしめている武器は剣の形をして見た目こそそれっぽいけれども、データ上はある種のクラッキングプログラムで構成されている<改竄ソフトウェア>なんだ。
これをあの<アンチデータモドキデカブツ>に当てると奴のデータは破損してシステム障害を起こす。物理的な攻撃に見えても本質的には昔ながらの電子戦で争っているという訳だ。

とは言え、走れば息は切れるし汗もかく。体のデータが破損すれば感覚としてフィードバックが返って――来るッ!

「うぉ……、いっきなりかよッッ」

油断していた所に敵の攻撃が振り下された。間一髪でガードには成功したものの体中に<フィードバック痛み>を感じる。

「ッッ! コウヤの奴こんな重い攻撃よく受け止めてたな……こんな、シャレになん……ねぇ……ぞッ!!」

剣身を寝かせ攻撃を地面に受け流す。柄を握る手の痺れがその威力を物語っている。
現実世界で優秀な人間は電子世界でも優秀というのは羨ましい限りだ。俺はコウヤと違って運動が苦手で、そんなアドバンテージなんて持ち合わせていない。
すかさずに距離を取り<戦闘スタイル作戦>を変える。

第一陣コウヤのおかげで今回の配点はある程度予想がついている。
恐らく、『敵に与えた累計ダメージ』『残り時間』『被ダメージ』の様な三つの要素からスコア計算が行われている。
一つ目の要素でスコアを稼ぐには限界があるから無しだ。回復手段を持たない敵に対してコレは稼ぎにはならない。
二つ目の要素も同じでタイムアタックには打ち止めがあるから無し。
残る要素は被ダメージ。回避率と被弾率による加算ボーナスだ。今回の<グリッチ抜け道>はここにあるな……。

間合いを一気に詰める。敵の懐に飛び込んで、攻撃態勢に入ると、人体で言う所の心臓に位置する部位にある<脆弱性ウィークポイント>を狙い、鋭く突きを放つ。
そして剣先が触れた瞬間――。

「――ココ……かな? よっとッ!」

その動きはまさに神技の域。
平然と死線を越える姿に歓声が沸く。最強にして最大の攻撃≪アクティブ・カウンター≫を完全に見切っていた。

『見て』からでは到底回避不可能の攻撃だが、『観て』いたから避ける事が出来た。

制作者の思惑や狙いを想像して最高の筋書を進む。VRC本来の目的は戦闘訓練。だから俺の選んだ手段はリマイナーとしては邪道であり、外道であり、間違っているスタイルだ。
だけども『大所高所』は俺にとって『武器』であって『才能』。

――四文字に集約するならば『ゲーム脳・・・・』こそが俺のアドバンテージだ!!

「すげえアイツ完全に見切ってやがる」 「あれ、でもなんかおかしくね?」 「何で倒さないのかしら?」

「……よっ! ……もうチョイ寄って……おっと! ほらきたッ! ここで右に二歩ずれる……三発避けたら、弱突き一回でッ! ――ッ! バックステップっと」

単調な連撃を口に出して確認しながら落ち着いて連続攻撃を避けると、倒してしまわないように威力を抑えた攻撃でカウンターを誘発させる。
これ完全にパターン入った……。このペースで行けば大丈夫そうだな。

「「おい! 逃げてばっかりじゃなくて戦えよ!」」 「「遊んでんじゃねえよ」」 「「オイッ! 何がしたいんだッて、言ってんだよ!!」」

先ほどの歓声とはうって変わって酷い罵声が飛んできているが気にしない。

「ハイよッ! ウスノロさん、そんな攻撃じゃワンパターンってもんだって! よっと!」

完全に天狗状態になり火に油を注ぐ様にコミカルな動きで『作業』を繰り返した。

「「いい加減にしろってッ!」」 「「うっぜえな……、なめてんのかあ!」」

まあ、見てろよ。スゲー結果見せてやるってッ!

「……さて、そろそろ良い頃合いだな」

完全に作業効率的>な立ち回りで敵を<弄ぶ翻弄>すること早数十分。

――仕留めるとする。

「いいかよく聞け! 俺はゲーマーだッ! だからやる事は一つ! <出題ルール>を理解して<課題クエスト>を把握し<実技ゲーム>を<消化クリア>するのみ! 俺にクリアできないゲームなんてない!! とどめだッ!」

威勢の良い台詞を叫び、俺は『会心の一撃』で限界ミリまで減った敵の体力を削り取った。

≪――討伐対象の消滅を確認しました。十秒後にリマインを終了します≫

不可解な行動の意味。制限時間を目一杯使って攻撃を誘発させてそれをひたすら回避し続けた理由は、被ダメージボーナスの計算式にグリッチがあることを見つけていたからだ。

第一陣のスコアリザルトとハイライトから、この式は『敵の攻撃回数×残りライフ値』でスコア加算しているのに気付いたんだ。
これはノーダメージで避け続ければ十分に一位を狙えるスコアが稼げてしまう事を意味している。
正確に弱点を、選考会そのものの≪脆弱性≫を突いた完璧な作戦!!

嗚呼、なんて簡単で退屈なゲームなんだろうか。こんなんじゃ歯ごたえが全然たんねえよ。ってな。

……ジジジッ

≪――1-1 間名由 65000点 一位にランクインしました≫

「 「……これが実技選考会の――この≪ゲーム≫の≪完全攻略方法OVER ENDING≫だッ!」 」

現実世界に戻った俺は、VRC端末から立ち上り、スコアボードを背にドヤ顔で言い放ってやった。
来い! 『黄色い歓声』達! そして俺の超絶スコアの前に平伏すが良い『野郎』共ッ!

「(まだアイツやってたの? 時間掛かり過ぎウケルー)」
「(また、お遊びゲーマーの独り勝ちかよ)」 「(独り勝ちと言うよか独り善がりだろアレじゃあ)」

あっるえぇぇえ? コウヤの時となんか反応違くないですか? というか……人、少っなッ!
落ち着いて見渡すともう、ほとんど生徒の姿は無く、それどころかライフスーツ姿なのは俺だけだった。

「 「…………ッツ! 何故だッ!! 技名か?!  技名叫ばなかったからかッ!? 俺とコウヤで何が違うって言うってんだッ!!」 」

お、俺頑張ってたんだぜ? ほら見ろよ……。ランキングのトータルスコア……。
二位とダブルスコアの三万点以上離して一位なんだぜ? だれも見てなかったのか……もしかして長すぎた?

「コウヤーっ、ナユいたよーっ! もうー何処行ってたの? 探したんだよっ」
「おーナユ! ゲームのやりすぎで電子分解デジタライズされたかと心配してたんだぜッ!」

状況がよく分からない。うぇあいず、応援……玉手箱的な次元断層サムシングに時間を吸われたのだろうか?

「いや、今までVRCを……」
「ナユ! すごいじゃん! 一位っ!」
「ッ、うお!? ……マジかー。さすがゲーマー! つっても、ナユなら楽勝かー」

うぅ……。こいつらだけだ俺のことわかってくれるのは……。

「ナユが優勝かー。まっ、驚きはしないけどよー毎度のことだし」
「私もナユに言われたことやってみて三位だったよー!」

制服姿のユナは携帯端末に表示されたランキング表を指差して無事入賞した事を自慢してくる。
ユナは三位か……あんなテキトウな指示だけ聞いて結果を出せるユナの方が余程すげえ。

「しっかし、ユナちゃん男子から人気だよなー!」
「い、いやあ、な、ない!ないからッ!」

ウワサで、ユナのファンクラブあるとかないとか聞いたことあるもんな。

「しかも俺の組の女子も応援してたぜ!!」
「ッえ! そ、そうなんだぁ。それは、嬉しいかも……」

同性はいいのかよ。分からん女心わからん。
そして、照れくさそうにするユナが思い出したように話を戻す。

「あっ、それよりナユ! 私もう、先に着替えちゃったよ? 早く着替えてきなよっ」

――まあ、いいか。
兎にも角にも、断トツ一位で実技選考会は終了した。

「そう言えば今日は金曜日か、早く帰ってゲームやろうっと……」
「ナユ君ナユ君? 曜日関係なく毎日ゲーム三昧の奴が何を言ってるんだね?」
「金曜日は特別なんだよッ、ウィークエンドイベントとか開催されてレアアイテム配布とかあるし……」
「ねえねえっ! 帰りにさっ、何か甘いもの食べてかえろっ? ねっ?」

これで選抜試験に挑戦できるわけだ! 待ってろよ≪bit≫ッ!!

◆◆第11話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA