OVER ENDING【Re:bit】 第13話 アルファリーダー

イラスト作者様
リンクイラストはモルトさんに描いていただきました!
Checkゲスト/メンバー絵師イラスト紹介

緊張で震える指で玄関のベルを押すと家の中から「待っててっ、今開けるねーっ」とユナの声が聞こえてくる。
扉が開くと、普段となんら変わらないユナが俺たちを招き入れてくれる。

「お、おじゃむあしますッ!」

一体、俺は何を緊張している……? くっそお、コウヤの方が落ち着いてるなんて信じらんねえ! 一体どういう事ことだ。
コウヤには黙ってたけれども、こうして女子の家にお邪魔するのは小学生の時以来なんだよな俺。その時は、こんないい香りした覚え無いんだが……嗅覚が発達したのか、ユナが発達したのか。

「ゆ、ユナ……が……発、達……ッ?」

何考えてんだ俺ッ! おちつけえぇえ!!!

馬鹿な考えが頭をよぎり、ついついユナの体に目が行ってしまう。
生唾を呑みこみ必死に理性を保っていると、背後に負のオーラを感じた。

「クンクンっ! あ、ああっあアーッ! なんかこの部屋からいい香いがするぞーッ! スーッハ―、ほらナユも嗅いでみろよッ!」

良かった。俺はまだ健全な部類みたいだ。完全に理性崩壊した変態の姿がそこに在った。
別に嗅ぐつもりは無かったが、コウヤに言われ『意に反して』嗅覚に気が向いてしまう。――ああっスゲーいい香いッ!

「 「 「ち、ちょちょちょ!ストーップっ! な・に・してるのっ!! 寝室は立ち入り禁止に決まってるでしょ! さっさとリビングに行くっ! ほらほらッ」 」 」

連行されたリビングには既にテキストとノートのコピーが用意されていた。なるほどな『飴と鞭』ってやつか。俺の知っているのと少し違う気もするけれど。

早速、勉強会が始まったが普段ろくすっぽ授業を真面目に受けてない俺達は理解に苦しむ。勿論『俺達』というのは俺とコウヤの事だ。

「つまりねっ、ここが直角ならっ、この二辺の二乗を足した解が斜辺の二乗になるんだよーっ」

ユナは分かりやすく説明してるつもりなんだろうが、どうも数学ってのは苦手だ。計算は得意な方だが、図形やら証明やら『つかい処』が分からないものを覚えるってのはどうもやる気が起きない。

「嘘だあ? オレにはどうみてもコッチの方が短く見えるぜ? 二倍にしたところで変わらないと思うけどなあ?」
「法則にケチ付けてないでっ、素直に覚えるッ! それから、二乗だからねっ! 似てるけど全然違うんだよっ? ほらっ三回書いて覚えるッ!」

コウヤに至っては分からない事を認めず、終始反論する始末。スポーツの試合なら今頃レッドカードを出されて退場だろうが、勉強会に逃げ道は無い。抵抗も虚しく、理論武装したユナに言いくるめられ『基礎』の暗記を強いられている。

「こんな実生活に役に立たない事、三回筆写したところで覚えられねぇってのッ!」
「つべこべ言わずに覚える!」
「イダッ!」

ユナ先生。頭叩かないでくれよ! 覚えたものが落ちるからっ!

ブツブツと文句を垂れながらも、いつにも増してスパルタなユナに勉強を教わっていると時間はあっという間に過ぎた。ふと窓の外に目を向けると外は暗くなり、時計の針は夕方を指している。
集中していると時間が早く過ぎる気がする。こういうの、なんて言うんだっけ……相対性理論だっけか? まあ、どうでもいいや。

この頃には『基礎』となる知識や定理、方程式等はすっかり頭に入り、三年の内容もある程度は分かるようになってきていた。
勉強会を開いた本来の目的である三年の内容とは俗にいう『応用』だ。応用編を一日で覚えるには基礎編である前振り的な暗記が重要なんだそうで……ユナ先生に言われるがまま覚えましたよ。結果、何とかなりそうだ。
愚痴を吐いても弱音を吐くな。コレもゲームの為だと自分に言い聞かせて俺達は勉強を続ける。

だんだんと愚痴を溢す回数も減り、黙々と勉強を続けているとユナが唐突に「どうせ帰っても勉強しないでしょっ? 泊まっていきなよっ! 私近くに買い出しいってくるねっ」と言いだした。
ユナの作る料理ってどんなのだろう? 普段の弁当から想像するにかなり手の込んだ物になりそうだな。絶対うまい。

「今夜はユナちゃんの手料理食べれるのかーッ! アアァアッ! 俄然やる気出てきたーッ!!」
「もう夜遅いし……か、簡単なものしか作らないからっ! あんまり期待しないでねッ!」
「俺らも行った方がいんじゃないのか? 夜道だし」
「ううん、一階のコンビニだから大丈夫! 行ってくるね」

期待するなと言う方が難しい。というか泊まりか……ふむ。

そんな俺達をリビングに残し「あ、あと料理が食べれるクリア条件はサボらないで、ちゃんと勉強続けてること! いーね?」とだけ言い、ユナは買い出しにいってしまった。

――この時、既に俺達の脳味噌は疲れ切り、馬鹿になっていたんだ。

玄関の扉が閉まる音が聞こえると、リビングは無音と言ってもいい程に静まり返っていた。
沈黙を尊重しつつ、俺から会話を切りだした。

「……行った……か?」

俺の言葉をきっかけに、コウヤも持っていた筆記用具をそっと机に置き俺の方を向く。

「……やっと……やっと解放されましたな。長かった。自らを律し、痛みに耐え、遂にこの時を迎えましたな。隊長……ご命令を」

「うむ。時は、満ちた。行くぞコウヤ状況開始だ」

俺達はスッと立ち上がると導かれるようにリビングを後にして廊下を進んだ。
扉の前に辿り着くとコウヤが鼻を鳴らす。

「スンスンっ! この部屋、匂いますな。どう思われますか? 隊長」
「そうだな軍曹。間違いなくこの部屋には『何かある』――始めよう」

俺は、俺達は知りたいんだ。知る必要がある……知らなきゃいけないんだッ!!! この<秘密いい香り>の正体を!!

ゲームで培ったお宝センサー以外にも、本能という名の下心もバッチリと反応していた。
音も無く静かに、しかし堂々と<寝室宝物庫>の扉が開かれる。 そう……伝説の傭兵のように!!

目の前に広がった<女子の部屋非日常>は思い描いていた通りの空間だった。流石は<完璧超人ユナ>の寝室と言ったものか。此れほどまで綺麗に整頓された部屋は見た事が無い。といっても、散らかった自分の部屋しか比較する対象が無いんだけれども。

いや……綺麗すぎるッ。逆に怪しくなってきた。

「あーれ? ベットの下に何もねぇぞ。オレは此処に隠してんだけどなあ……」

流石は<侵入覗前科持ち>の変態。行動力はピカイチだ。お前、いつの間に物色始めたんだよ……。
いきなりベットの下を弄るなんて、どうかしてるんじゃないかと思うがこの際、気にしない。

「ばーか。一人暮らしなのに、そんな手の込んだところに隠す必要ねえだろ?」

一人暮らしを長くすると警戒心が薄れていくものだ。気が緩み、大事な物に限って手が届く場所にしまったりする。だから、あるとしたらこの机の引き出しの中……特に何も無いな。
確信を持って開けたにもかかわらず、中には教科書とノートが入っているだけだった。一応表紙がすり替えられていたり、ノートの隙間に隠されていないか等『偽装』の有無も確認してみたが結果は変わらず。そこに『お宝』は眠っていなかった。
変だな……? 俺は此処にしまってるんだけど。案外、女子はどんな生活環境でも警戒心を強く持ち続ける生き物なのかもしれないな。

――ガタンッ!!

一応、引き出しの底が二段になっていないか念入りに調べていると、勢いよく扉が閉まる音が聞こえた。家主が返ってきたかと一瞬ヒヤっとしたが、そうでは無くコウヤが押入れを閉めただけの様だった。

「ッ!? ――どうしたアルファ・ワン? 何か見つかったか?」
「いや、すまない。この中に夢は無かった……。気にするな、少し考え事をしていただけだ。アルファ・ワン、捜索を再開するッ」

しかし、幽霊でも見てしまったのか鳥肌を立てて血の気が引いているのがここからでも分かった。
でも本人が問題ないと言うんだから追求したところで意味はないだろうと判断して今は了解の意志を伝える。

「アルファ・リーダー了解……」

そんな下らない掛け合いを交わしながら思い当るところは全て捜索したが何の収穫も無く、ただ時間だけが過ぎていき。
残された<最後の場所禁断の箱>を前にして腕を組み、俺達は考えに耽っていた。

「残る隠し場所はココだけ……ですか。隊長、如何しましょう?」

この場所が最後まで残ったのには理由があった。それは男として、人として超えてはいけない一線のようなものがソコに在るみたいに感じて。

「ちなみに押入れはなにもなかったのか?」
「あー、押入れの名の通り。荷物が無残にも押し込まれていた。いや、ユナちゃんのためにもあそこは見ないであげてくれナユ」
「……な、なるほど」

そりゃ、1日しかなかったからね。ごめんユナ……。
さて、やっぱここしかないか。

一線。俺達は悩む。目の前の……

――『タンス』という名のパンドラの箱に手を付けていいものか……迷っている。

◇第13話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA