OVER ENDING【Re:bit】 第14話 トレジャーハント

この部屋に入った当初の目的は『お宝の捜索』だった。それがどうだろうか、どこにも俺達が求める宝は存在せず。あるのは現実的な実用品のみでフラストレーションが溜まるばかり。
そして今、俺達は下心の着地点としてタンスを選び、一線を越えようとしている。
理性と本能……常識と下心……漢と男……右往左往する思いを整理して活路を見出そうと必死に思考を巡らせる。

こういう時は初心に帰るのが良いかもしれない。初志貫徹! そう『お宝探し』こそ俺たちの使命なんだッ! 間違いない!!
捉え方が間違っていたんだ。本来、宝には決まった形なんて無いんだ……己が求めるモノこそ宝ッ!
その言葉が指すモノはその都度変わり、探そうと必死になればなるほど見つけ辛くなる。宝物とはそれを追い求める様を詠った言葉なんだと!
本来の意味とは違っても、俺にとってはそうなんだ。あとはだれか! だれか俺の背中を押してくれ……ッ!

「……ナユ!」
「ッ!? あ、相棒……っ!」

俺の肩にコウヤのポンと置かれた手。ああ、戦友ってこうゆうことか。

……神様本日二度目です。お許しください。

「――よし、開こう……」

開けたい衝動を抑えられなくなり俺は、根も葉もないヘリクツで自らを言い包めて<タンスソレ>を開く事に決めた……。

「んじゃとりあえず一番下の段か――」
「よせッ! 罠が仕掛けられているかもしれないッ!」

危ない所だった……ったく、考えなしに行動しやがって。俺は伸ばされた手を掴み、コウヤを押し留めた。
こういう時はまず『露払い』として設置されたブービートラップが無いかを確認するのが定石。<最重要機密保管場所ココ>を無防備にしておくはずがないからな。
恐らく、ハズレの引き出しにはもれなく警報装置や爆発物が仕掛けられているであろう。ユナの事だ、取っ手の裏側に毒を塗っている可能性も考えられる。

つまり、無暗に触れば――『死ぬ』ってことだ。

単純な計算でいけば確率は七分の一だが、落ち着いて観察して正しい判断を下せばもっと確立を上げる事が可能だ。

「いいかコウヤ。七段の内<お宝アタリ>は一つなんだ。よく見ろ、この段の取っ手だけ他より少しすり減っているだろ?」

すり減っている事から、頻繁にこの段を開閉していると想像できる。
そして洗濯回数が最も多い衣服――つまりはこの段には『靴下』が入っているに違いない!

「コウヤお前、靴下と同じ段に何を一緒に入れてる?」
「へ? えーっと、靴下とシャツとパン――ッ! ナユッまさか……ッ! 入っているのか? この段にッ」

そう、衣服は種類毎に分けて収納するのが一般的。つまり……この段のカテゴリは――<肌着類インナーウェア>だッ!

別に、やましい考えでこの箱を開けようという訳では無いんだ! あくまで探究心。そう、下心なんてこれっぽっちも無いッ!
……。
ごめんなさい嘘です。やましい考えは少しどころか、イヤラシイ気持ちしかないです。

宝箱の前に膝を着いて座り、俺達はタンスの三段目をゆっくりと引き出していく。

「「「お、おっ! おおお?」」」「「「お、おっ! おおお?」」」

カラフルでシルク生地の<ソレ>が姿を現そうとした――まさにその瞬間。
微かだが、玄関の扉が開く音が聞こえてきた。
「ただいまーっ、効きそうなエナジードリンク買ってきたよっ! はいっ、これ飲んでがんばろっ!」

…………。

人間は極限状態に置かれた時に肉体の限界を超えた反射速度とスピードを発揮できるとは聞いていたが、まさかこれほど速く動けるとは知らなかった。
音が聞こえてから実際に玄関が開くまでのわずかな時間で俺達はリビングに戻り、『真面目に勉強してましたオーラ』を出しながらユナを迎えることに成功した。良かった全く怪しまれて……。

「ところで、なんで寝室の扉、開いてたのかなっ? ねぇ……な・ん・で・かなっ? 」

めっちゃ怪しまれてるッ! バレた?  いや、バレてない? まだ、セーフッ?
焦るあまり、ちゃんと確認しなかった。てっきりコウヤが閉めたとばっかり思っていた。落ち着いて考えればあり得ない話だけれど。

「……か、風じゃない?」

無理が在る。自分で言っておきながら、厳しすぎるだろその言い訳! や、やっベーよ。マジやばいーッ! 考えてから口に出すんだった。パニックに陥り、ロクに思考出来ていない。

「そっかっ、……風で開いちゃったんだ? タンスも開いちゃうほど強い風だったのかな……っ?」
「そ、そう! そうそうッ! 風!! 風だよ! ほら、台風くらいの強風!! ユナちゃん!」

「ねえ……? 私言ったよね? 次やったらどうなるか……」

こうなったら黙秘権を行使してこの場をなんとかやり過ごそうとするも、にこやかな表情でユナは俯く俺達を覗き込んでくる。
表情と相反して、死を彷彿とさせる冷たい眼。もう逃げられない。少しでも動いたら……殺られるッ!

「ねえっ? どっちがやった――」

「「ナユがやりましたッ! 僕は見ていただけです!」」

裏切りやがったなクソ野郎!! お前も実行犯だろうがッ!!
なにが『ぼく』だ! 良い子ちゃんぶりやがってッ! 何時かの仕返しのつもりか? ダークサイドに堕ちやがったなあぁあぁッッ!!!

「ふーっん? コウヤは、『見てた』だけ……なんだ。本っ当に? 何を見てたの? 正直に言いなよ?」

「んなぁっ……何も……? へへっ」

そんな表情で何を言っても説得力が無いぞ? <タンスの中身アレ>を思い出しているのか、コウヤの口元はニヘラと緩み目元は垂れさがっている。人を売っておきながら、二秒で自爆するとは呆れてものも言えない。
正直になり過ぎだろ、その表情ッ! もっと自分をコントロールしろ!。

でもチャンスだ! 矛先は今、完全にコウヤに向いている。この修羅場から抜け出すなら今しかない。話題を変える!

「そ、そんな事より何買ってきたんだ?」

ここまでの会話を、<ユナが帰ってきた所チェックポイント>からやり直す作戦だ!

「えっ? そっか……そうだよね……、二人ともお腹空いてるよね! ほら、これ食べなよっ! 眠くならないように、じゃーん! カフェイン!」

先ほど渡されたエナジードリンクを取り上げられ、代わりに黒い粒が目の前に差し出された。

「ユ、ユナちゃん? これコーヒー豆だよ? 豆だけど食えない豆ですよ……?」

事態は未だ、怒りのボルテージと比例して悪化し続けている。ロードに失敗したらしい。どうやら俺達のセーブデータは破損しているようだ。

「アハハっ、冗談だよ! 豆だけじゃバランス悪いよねっ。 じゃあコウヤは<生野菜コッチ>にしよっか!」
「た、玉ねぎはちょっと……オレも豆にし……いえ。何でもありません。食べます。頂きます――グォウフッ!」

コウヤはここで口答えすればもっとキツイお仕置きを受ける羽目になるのを悟ったのか、素直に玉ねぎを受けとり躊躇なくかぶりついた。
全てを受け入れ、涙を流してぐちゃぐちゃになりながらも皮が付いたままの玉ねぎを頬張るその姿は何処かかっこよくも見える。
でも、ああはなりたくない……豆の方がいくらかマシだ。

俺はコーヒー豆をガッリガリと噛み砕きながら現実を噛み締める。青春はホロ苦い。……どころか物凄く苦かった。

そんなこんなで、一通り拷問を終えるとユナの機嫌も多少落ち着いてきた様子で、勉強会が再開された。

カフェインと恐怖でリフレッシュできたのか、不思議と三年の内容でもスラスラと解ける。
難しい所も、ゲームの説明書か何かだと思ってやれば意外と簡単に覚えられた。

俺達の勉強を見ながらも、自分も問題集を解くユナについ見てしまう。何だかんだ、応援してくれてるもんな。

「ユナ悪いな。今回もコウヤと俺の面倒みてもらって」

「えっ? まあ二人の為だし……ああっ、そう! 二人とも落ちたら私つまんなくなるでしょ? ほ、ほら朝まで勉強がんばろっ!」

少し驚いた顔をしてから、スッと軽く俯くとパーカーのヒモを指に絡ませながらこちらをチラチラと伺う。
昔からユナは嬉しい時や照れた時に、ああして何かを指に絡ませる癖がある。
何をそんなに照れているのか?

「――コウヤ寝ちゃったね。可哀想なことしちゃったし少し寝かせてあげよっと……っ」

生で玉ねぎを食べると快眠効果があるとかないとか聞いた事があるけれども、それにしては顔色が悪いからな。この場合は気絶か失神しているんだと思う。でも息はしているし、今はそっとしておこう。というよりも、俺ら自業自得だしな。

「――私、コーヒー淹れてくるね。ナユも飲むでしょ?」

そう言うとユナは立ち上り、ドアを開けた。

「……ユナ」

「ん? どうしたのっ?」

ふと気づくと俺らの面倒を見てくれている。なんもお返しできないけれど。
たまには素直な気持ちを伝えても罰は当たらないだろ。

「――いつもありがとな。感謝してる」

俺は彼女の目を見ながら心から感謝の言葉を口にした。

「――ばか。そんなの知ってるし……」

そう言ってユナはキッチンへと笑顔で消えて行った。ユナの奴、さっきから変なツンデレみたいな言動してるな。

つーか、またコーヒーか。失神しているコウヤが少し羨ましい……どうやら俺は試験まで一睡もさせてもらえそうもない。

◇◇第14話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA