OVER ENDING【Re:bit】 第15話 チェックシート

◇◇

結局、勉強会は明け方まで続いた。
家に帰っても寝る時間は無く、シャワーで眠気を覚ましたら直に制服に着替え登校するという過酷なスケジュールをこなした。
正直な所、ヘトヘトで筆記試験に臨むには万全とは言えない。

同じく疲労困憊のコウヤはブツブツと何かつぶやいている。数学の方程式か何かだろうか?
逆に、普段から勉強慣れしているのかユナはそんなに辛そうな顔をしていないな。
何だかんだで俺達に付き合って朝まで勉強していたんだし、ユナも眠いとは思うんだけどな。

「二つの位置に……それぞれに質量が……異なる物体がある時……物体が受ける力は……次の式で求められる……」

頭がパンクして知識が口からこぼれはじめている。ここで忘れたら、徹夜で覚えた意味が無い。もう少し保持しとけ!
そんなコウヤを気遣って、ユナが「コウヤしっかりしてッ! つらくっても試験終わるまで寝ちゃダメだよっ!」と励ましの言葉を掛けるもむしろ逆効果だったようだ。

「二人の位置に……しっかりに質量が……辛い物体がある時……試験が受ける力は……終わるまでに求められる……」
「こ、コウヤ……」

励ましの言葉は呪文に組み込まれてしまい、もう元の内容が何だったのか分からなくなってしまっている。

選抜戦の筆記試験は参加者が限られているので特別教室で行われる。普段とは逆方向の東棟に向かうのは何だが不思議な感じだ。
別に悪い事をしている訳でもないのに、ルーチンワークから逸脱した非日常的な行動は俺の背徳感を刺激する。どことなく、避難訓練を連想させる。

特別教室は他の教室より大きく、もうホールと呼んでもおかしくない程の広さだ。
そんな教室内には既に人が溢れていた。

どうやら席順は決まっているらしく、前にシートが張り出されているが人が多すぎてここからではよく見えない。
仕方なく俺達は人が掃けるのを待つ事にする。

「……。大丈夫かな? なんか心配になってきた」
「謎の声様。どうか今オレに力をお与えください」
「ナユ緊張しすぎだよーっ、もっと肩の力抜いてっ! ほらっコウヤもっ! てか、何言ってるの?」

そう言われても、普段の点数を考えると筆記試験を突破できるか不安で仕方がない。もっと普段から勉強していたら、この不安は多少は軽減されたのだろうか? 手足が冷たくなり、体の芯がソワソワしている。

試験の開始時間が近くなると、大分人も減り席順を確認することができた。
何を基準に決めたのかは分からないが、俺達はバラバラの席で試験を受けることになった。別に隣同士が良かったという事では無いが、両サイドを知らない生徒。それも上級生に挟まれるのはどうも落ち着かない。

騒がしかった教室も試験用紙が配られ始めると静かになり、いよいよ始まるんだなと実感する。
間もなく、試験開始の秒読みが始まり、緊張もピークに達する。
こんな緊張、ゲームでは味わえない。といっても、正確には味わう緊張の種類が違うけどな。
ゲームでは<アドレナリン脳汁>と手汗が大量に分泌されて体が熱くなるが、今は口の中が渇き体温が低くなっている。まるで貧血状態だ。

そうしていると監督官の合図で試験が始まり、今まで静かだった教室内に一斉に紙をめくる音と筆記用具の音が響く。
紙をめくる音なんて微々たるものだ。図書館が静かなのはその為だ。
しかしそれが数百人が同時に行うと、こうも大きな音がするんだな。
そして、名前の記入が終わると皆の息はバラバラになり、再び静かな教室に戻る。

そんな現象に呆気にとられて、少し出遅れた。
とりあえず俺も用紙に名前を記入して、出題形式と大まかな問題数を確認する。

出題形式はともかく俺の目を引いたのは回答形式だった。
解答用紙には解答欄の代わりに、数字の書かれた小さな丸が並んでいる。嬉しい事にチェックシート式の選択問題のようだ。
選択問題は正解か不正解の二つしかない。しかし、ランダムに答えても半分正解するという訳でもない。これは選択肢の数によって確立が変わるからだ。
今回は四択なので、最低点数は25点と言ったところか。まあ、実際には機械的に正解が割り振られてはいないだろうからもっと複雑な式になり、確立の変動も起こる。だからこの点数は目安でしかない。
でも、解けない問題も四分の一の確率で正解するんだと考えれば多少気持ちが楽になるってものだ。

試験問題は英数国社理の基本五教科と電子解析の全六教科で構成されている。
電子解析とはプログラムやアルゴリズムの構造解析を学ぶ科目なんだが、その内容は大分簡略化されている。英語と数学が混ざったような、ゲーミングスクール特有の科目だ。
リマイナーになる為に必要な基本知識なんだそうだが、ゲーマーの俺にはその価値が全く分からない。
たとえば風呂上りにドライヤーで髪を乾かすのに態々、熱風が出る仕組みから勉強する馬鹿はいない。『電源を刺して、スイッチを押す』それだけで十分だと思うんだよな。

今更、教育方針に文句を垂れても試験の内容が変わる訳でもないから、とりあえず幾つか問題を解いてみると徹夜で勉強したかいあってか、暗記科目は元より、読解力や応用力が必要な科目も簡単に解けてしまった。なんだか拍子抜けだ。
特に数学と電解に至っては基礎を叩きこまれた分、まるで小学生用の問題を解いてるかの様に感じる。
覚えた所がドンピシャで出題されている。ユナ先生の出題予想は完璧だったな。

俺はこれといって躓く事無く、スラスラとチェックシートを塗りつぶしていった。

昨日もそうだったが、集中していると時間が早く過ぎる気がする。
気が付くと試験時間も残す所数分。始まる前の緊張が嘘のように今は落ち着いて、ケアレスミスが無いか最後の見直しに気を配る余裕まである。
試験でコレほど点数に自信があったためしは無い。かなりよく出来た。
分からない問題も無かったし、これはもしかすると満点さえ取れてしまうかもしれないな。

しばらくすると監督官が試験終了を言い渡した。

◇第15話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA