OVER ENDING【Re:bit】 第18話 手応え

◇◇

今日は筆記試験の結果発表が気になり、午前中の授業は全く頭に入ってこなかった。普段もそうなんだが今日は一段と内容を覚えていない。
昼休みなっても食堂へは行かずにこうして携帯端末を握りしめて結果が届くのを待っている。
全生徒が注目する一大イベントという事もあり全体の採点結果は廊下に設置された<掲示板モニター>で公表されるんだが、大人数の前で冷や汗をかくのは御免だからな。俺達は参加生徒の携帯端末に直接送られてくる個人通知で確認することにしたんだ。

どんなに自信があっても試験の結果発表は緊張するもの。それは誰もが同じようで、俺達に勉強を教えてくれたユナ先生も組んだ手を口元に寄せ、祈りのポーズを取っている。

今か今かと高まる気持ちを抑えては、やはり気になり携帯端末を確認してしまう。休み時間に入ってからこの動作を、秒針が一周する間に少なくても三回は繰り返している。メールが届く前に充電が切れなければいいが……。
携帯端末の待ち受け画面を表示する度についついほころんでしまう。昨日撮った写真の中の俺達三人は肩を寄せ合い楽しそうに笑っていた。

願わくばこのまま何事もなく選抜戦を突破して≪bitビット≫のβテスターに選ばれたいものだが、そう簡単にはことは進まないだろう。
実技選考会での順位を考えると不安を拭い切れない。俺はいいとしても、ユナは三位……コウヤにいたっては六位だった。
次に行われる実技試験では実際にリマイン経験のある三年生を相手にすることになる。二百名以上の中から上位三名しか選ばれないということは選考会よりも倍率は高く、行き当たりばったりでどうにかなるものじゃない。しっかりと対策を練って、事前に練習を行い、確実に結果を出さなくてはいけない。

そのためにも今はメールが気になる。点数以外にも何か実技試験についての情報が記載されているかもしれない。
前にも選考会の大事な通知が学内通信の最後に有ったぐらいだ。些細な情報も見逃すわけにはいかない。隅から隅まで目を通す必要がある。

選考会での反省点を思い返していると電子音が鳴り、携帯端末にメールが届いたことを知らせる。

――シャラリン!

「なんだか緊張するねっ……、だッ、だれから見る?」
「「なッ! オレが最初とかムリムリッ! ほら見てくれよー、緊張しすぎて手震えてるもん!」」

救いを求めるようにユナはコウヤの方を伺ったが、コウヤはそれ以上に緊張していた。
俺とコウヤはともかく、何を緊張しているんだか。俺達に勉強を教えてくれたのはユナなんだからもっと自信を持っていてくれないとコッチが不安になるじゃないか。
あれだけ手応えがあったんだ、点数が悪いはずがない。

「そうしたら、三人同時に見よう。それなら緊張も感動も一緒に分かち合えるだろ?」

適当な提案に合意した二人は覚悟を決め、三つの携帯端末を囲うように集まり掛け声に合わせて「せーのっ」でメールを開いた。

「「よっしゃーッオレ72点ッ!!」」

「フ・フ・フッ! 俺の勝ちだコウヤ――76点だッ!」
「よかったーっ、私っ92点っ! 緊張したよーっ」

メール本文にはまず個人確認の為か、学年・出席番号・氏名が書かれており、そしてその下には期待通りの悪くない点数が表示されていた。
平均点以上の76点という点数は、普段の小テストではまず取った試が無い満足いく結果だ。勉強しておいて良かった。
一夜漬けとはいえここまでの成果を出せたのは一概にユナのおかげだと言えよう。

「あっ、下の方に順位載ってるよっ! 私っ29位……だって、あっ……れ? 意外と低いんだっ……でも予選通過って書いてあるっ」
「やっぱ受験生ともなると90点以上も多いんだなー。ちなみにオレは……」

メールには点数以外にも何故か順位が記載されているらしく、ユナに言われ俺達も画面を下にスクロールした。

喜びもつかの間、自分の順位を確認した俺とコウヤは息を呑んだ。
目を疑った。
夢ではないかと何度読み返しても内容は変わらない。
一番下までスクロールすると何かの間違えとしか思えない、思いたくない数字が並んでいた。

「「お、おいッ……なんだよこれッ! 三桁っておかしいだろッ!!」」

叫ぶのもわけない……そこには思いもよらない200位以下という三桁の順位が記載されていた。さらにその下には最悪な四文字があった。

――『予選敗退』
――そう書かれていた。まるでトドメを刺すかのように。

何かの間違い。絶対にそうだ……点数は悪くなかった……。平均以上の悪くない点数……むしろ良い方だと思う……たかだか15点でこうも、順位に差が付くはずが……無い。だって点数は……平均点で……平均……まさかッ!?

つい感情が高まり、机に拳を立ててしまう。

「「――嘘だろッ!!!」」

大きな思い違いをしていた事に気づくも、今更どうにもできずただ冷静に犯してしまった過ちを整理する。
点数が順位に反映しなかった理由はおそらく、平均点が高かったことにある。通常の試験では合格点が設定され、その点数を超えれば合格となる。
だから自然と合格点の前後に集中し、そこが平均点になる。一般的には単純に良し悪しを分けるために50から60点のラインに合格点が設定される。
しかし選抜戦の筆記試験は点数によるランキング形式だった。この試験を足切りと判断してしまったのがそもそもの間違えだ。
理解できていなかった……間引くのではなく、最初から選りすぐる事が目的の試験。云わばオーディションだったんだ。
勝ち残るために自分を少しでも良く見せようと皆必死に背伸びをしたんだ、そう考えれば一点の違いがこうも大きく出たのも頷ける。

満足点ではなく、満点を目指さなきゃいけなかった。
俺はクリア条件を勘違いしていたんだ……ッ。

「えっと……。と、とりあえず落ち着こッ? そうだっ! 甘いもの食べたら何かいい考え思いつくかもしれないよっ? ね? そんな怖い顔しないでさ!あはは……おねがい……」

不安そうにしながらもユナは必死に俺達のことを気にかけてくれているが、今頭の中は後悔と自責で満たされ何も入ってこない。

俺は、手を引かれるままに教室を後にして食堂へと連れて行かれる。

途中モニターの前を通るとまだ人だかりが出来ていた。
教室で良かった……こんな、大勢の生徒に囲まれた中でどん底に叩き落されていたらどんなことになっていたことやら。今でさえこんなだからな、想像するのも恐ろしい。
その内の何人かにすれ違いざま、嫌味なことを言われた気もするが、周りが煩くてよく聞き取れなかった。

◇第18話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA