OVER ENDING【Re:bit】 第19話 仲裁

食堂に着くと、自分たちが弁当も何も持ってきていないのに気がついた。あのときはそれほどに動揺していたのだ。
仕方無しに食券買い学食を注文するもどうも食欲がわいていなかった俺はユナの言うとおり、甘いものでも食べて血糖値を上げるとする。少しふらついているのもそれで収まるかもしれない。

「私はどれにしようかなーっ、フレンチトースト魅力的っ! でもあんみつも捨てがたいっ! よしこっちにしよっ」

ショックだったのはユナも同じはずなのに元気なふりをしている。俺達を気にかけてくれているんだろうか。
他人ひと>の事ばかりじゃなく少しは自分の事も気に掛けるべきだとは思うけれども、でもまあそれがユナの良い所なんだよな。昨日の勉強会然り、いつだって俺達の面倒をみてくれている。

「ううーんっ…。やっぱりお弁当取ってくる! 作ってきたのに食べないのもったいないしっ」

発言撤回までかかった時間はものの数秒。

めんどくさがって学食で済ませることにした俺とコウヤを残し、ユナは教室へお弁当を取りに戻ってしまった。
学食で甘いものを食べようと言いだしたのはユナだったと思うんだが、きっと俺達を気遣って思いつきを言葉にしたのだろう。
まあ、こういう天然な所もユナらしい良い所の一つかな。

ここに来るまでもそうだったが、誹謗中傷がいつもに増して耳についてしまう。
注文したメニューが出てくるのを待っていると、またどこからともなく自分たちに向けた言葉が聞こえてくる。

「(見たかよあいつの点数……選考会のときはあんだけ大口叩いてたくせにダッセー)」「(その選考会もズルして勝ったんでしょ? ずっと逃げてただけって聞いたぜ?)」

根も葉もない噂話ならまだしも、彼らの話す内容はどれもその通りだ。選考会では卑怯とも取れるやり方で得点を稼ぎ、注意事項をろくに読まず成り行きに任せて筆記試験を受けた。正論過ぎて言い返す言葉が無い……。
ユナとコウヤは俺を信じて付いて来てくれたのに……申し訳なくてまともに目も合わせられない。

二人きりになった俺達は起こってしまった事に対して後悔と反省を交わす。

「何やってんだよ俺は……ッ。全部俺のせいだ……」
「んなことねえーよ。せっかくユナちゃんが教えてくれたのに結果出せなかったのはオレも同じだよ」

社交辞令として言ったに過ぎない言葉だと分かっていても反論したい気持ちが湧いてしまう。
結果が出せなかったことを嘆いているのではないんだ。俺が勘違いさえ、いや、筆記試験を甘く見ていなければこんなことにはならなかった。そのことを反省しているんだ。
今となっては何も出来ない自分が情けなくて悔しくて、後悔しているんだ俺は。

「でもユナちゃんは合格出来てよかった……ああいや、三人一緒じゃなきゃ……、意味無いか……それに一番楽しみにしてたのはナユだもんな」

強がってはいてもコウヤだって悔しいはずだ。三人で決めて、三人で挑戦して、三人で挫折した。悔しいのはみんな同じだ。
けれども俺は二人みたいに強がることが出来ず、どうしても自己憐憫に陥ってしまう。

「楽しみにしていたのは……みんな一緒だろ? それなのに……畜生……ッ」

努力しても報われない。あのヒーローもこんな思いをしながら戦っていたのか? 俺にはとても真似できない。
中学生の時に俺を助けてくれた名無しのヒーローの事を思い出す。
彼のカッコいい後ろ姿に憧れて俺は柄にもなく筋トレをしたりランニングをしたりと才能が無いことは分かり切っていたけれどもいつかあんな風になれたらと夢みていたのが懐かしい。

実際に窮地に立った俺はこのざまで、肉体だけではなく精神的にも彼に追いつくことは出来ていない。未だに<ヒーローかれ>に憧れているだけのモブキャラのままでいる。一年近く経ったのに何も成長していないなんてダメだな俺。

昨日までの日常が嘘のように感じてしまうが、それは錯覚に過ぎない。本来<天才でないおれたちのような>人間は他に蔑まれながら細々と生活を送るしかない。どんなに不服でもそれが俺たちの日常なんだ。
仕方がないんだ、当たり前なんだ。

黙って聞くことしか出来ないのが無力である証明にも感じ、足取りがとても重い。
飛んでくる野次は席についても減ることはなく、むしろ増えたように感じた。

「(普段から不真面目なくせに、あれが特待生だなんてウチの恥さらしだよねー)」
「(もっと遠くに座ってくれないかな――仲間だと思われちゃうじゃん)」
「(負け犬は負け犬らしく、お遊びしてろよ)」

「――ッ!! テメエ今なんつったッ!!」

俺達が何も言い返さないのをいいことに好き勝手なことを言い出す彼らに痺れを切らしたコウヤが立ち上がろうとしたが、何を言おうとそれは言い訳にしかならない。
俺が軽く肩を押さえつけ、首を横に振り「やめとけ」と伝えるとコウヤは不満そうな顔をする。

「……でもよッ! アイツら適当なこと言いすぎだろッ! 腹立ってしょうがねえーよオレ!!」

腹が立たないと言えば嘘になるけれども、今は何もせずにやり過ごすのが賢明な判断だ。そう言い聞かせるが、俺だって本心は腸が煮えくり返る思いだ。
人がそっとして置いて欲しい時に限って周りは御構い無しに意見する。向こうが止めないなら……もうこちらが黙るしかないんだ。

不満を溢すコウヤをなだめていると、そこに騒ぎを聞きつけた三年の先輩がやってきた。

「ハイハーイ。そんぐらいにしとけよー、お前らーっ! なーに騒いでんだよっ」

仲裁に入ったのは、スクールカースト一軍の中でも俺が特に苦手な脳筋タイプの体育会系な先輩で、前にコウヤが紹介してくれたサッカー部のキャプテンだった。

「晃也ーっお前も、たかが試験の結果ぐらいで熱くなってんなよー」

しかし先輩の言葉は俺達を擁護する所か、むしろあたりが強いものだった。
先輩の言う『たかが試験の結果』は俺達にとっては重要な要素で、決して『たかが』とは言えない。だからこれほどに落ち込んでいて、周囲はそれを馬鹿にしているわけだ。

「どうゆうことッスか? たかが試験?」
「そうだろー? あんなのにもマジになってもどうせエリートしか入れないんだよあれは。しかも3年生が圧倒的有利じゃねえか」

今の俺は黙っている事しか出来ない。

「…………」

「というか、間だっけ?お前、ほんとウケるよな。あんだけ余裕ブッこいて。け、結局予選敗退って……だハハっ! 笑いが堪えらんねぇ」
「おい、先輩。オレの友達バカにすんなよ……?」
「いや、だってよ晃也…ハハッ。なかなかできねえよ。あんな事。そういやよ、廻だっけ? あの子は受かったんだっけ?」

口を開いた所で現状を打破する自信がない。

「…………」

「んっだよ、黙んなよ。間ァ、その子にこんど合コンに来るように言ってくれよ。お前より俺らと一緒にいた方が楽しいんじゃねーの」

なにいってんだこいつは……ユナのことはお前には関係ないだろッ。
ついつい行き場のない怒りが爆発しそうになる。

「てめぇ…いい加減に――」
「 「先輩。止めて下さいッ! 私そういうの興味ありませんからっ!」 」

ユナが帰って来て会話の流れが途切れ、脱線しかけていた会話が元の話題に戻る。

◇第19話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA