OVER ENDING【Re:bit】 第23話 ハーフタイム

過去に衝突した事はあってもコウヤとは友達で、衝突したからこそ親友になれたんだ。
躓いて罵倒され落ち込んでもそれは変わらないし変えたくない。

「ああ。覚えてる……、思い出した。あの時コウヤが友達って言ってくれて俺すげえ嬉しかったんだ。言いたい事は分かったよコウヤ、試験落ちたぐらいで無くなる友情じゃないよな! だから……」

不思議そうな顔でこちらを見るコウヤはミスディレクションに気づいて少し申し訳なさそうに弁解する。

「あっいや、オレはユナちゃんの家でタンスを漁った時の事を……」
「俺さ、感動……は?」
「嘘でしょ? ウソッ! な・ん・で・私のタンスの話しが出てくるのッ?」

想定外の発言に俺は言いかけた言葉を飲みこみ、気の抜けた声を出してしまった。
ユナの言うとおりだ。どこでどうしたらこのタイミングで下着の話しをしようという考えに至ったんだよッ!
あれか? コウヤにとっては昼間の出来事は初めての女の子の家で浮かれて寝室を荒して家主に拷問紛いの説教を受けたのと同じ程度だとでも言うのか。馬鹿の思考回路は理解に苦しむ。
いや。むしろ勝手に昔の事を思い出して一人納得した俺が馬鹿か? いやまて、馬鹿はお前の役割アイデンティティじゃんッ!

「あのさ、俺の感動を返してくれ……」
「だってよー? 落ち込んでるみたいだから励ましてやろうかと思ってさーっ」

いくら落ち込んでいようとユナの下着で励まそうとするのはどうかと思う。発想力が小学生レベルだなコウヤ。
まあ、カラフルなシルク生地のソレを思い出しても元気にならないとは言い切れないが、その話題で喜ぶとまた焙煎された豆を食べることになりかねないからな。今は否定しておく。

「そんなことで元気になるかよ馬鹿かッ!」
「えー、まじかよ……」
「……でもまあ励まそうとしてくれてありがとな」
「お⁈ お安い御用だッ……へへ」

方法はともかく昼休みの事を引きずってまだ落ち込んでいるのではないかと心配してくれていた事に感謝した。
しかし未だ俺の事を気にかけているのかコウヤの表情は若干暗く、重い口調で口を開こうとするが俺はそれを遮るように割って入りもう開き直っていることを伝える。

「……なあナユ――」
「ばっか。もう落ち込んでないって。俺さ、オープンテストでプレイしようと思うんだ。三人で一緒に!」

授業中にまとめた想いを伝えると、二人は俺の提案に賛同してくれて、気まずかった空気は消え去り、暗かった表情は笑顔へと変わる。

「そっか……そうだな! オレとナユとユナちゃんの三人で遊べるならそれが一番だな! 賛成だッ!」

βテストを諦めたのがそんなに意外だったのだろうか。少し驚いた表情を浮かべているようにも見えた。
余程気にしていたのか俺の言葉を聞いたコウヤは「ふうーっ」と気の抜けた声で溜息をついて肩の荷を下ろした。

「そういや、コウヤ。お前部活サボってよかったのか? 先輩とか」
「ああ! 別にサボってねーよ? ハーフタイムだよハーフタイム! 練習試合ゲームならオレの方が上だからな。前半戦はラフプレイ完勝してやったぜッ! I LOVE ラフプレイ!!」

こいつ逞しいな。

気持ちの整理がついたコウヤは部活に顔を出す決心がついたようで軽く肩のストレッチをしながら校庭の様子を窓から覗く。

「おっしッ! そんじゃ先輩に絞られてくるかーッ!」
「後半戦も頑張れよ! オープンテストについてはまた明日にでも話そうぜ!」

本当にコウヤが友達になってくれてよかった。だけどまだ、ずっと前から<やり残していることクエスト>が残っている。

「それとコウヤ!」
「ん? どうした」

コウヤが振り返り不思議そうにしている。

「……本当にごめん」
「気にすんな。オレだっていっつも迷惑かけてっから! じゃ、行ってくらぁ!」
挨拶も早々にコウヤは軽い足取りで廊下を行き小走りで階段を下りていった。
柄にもなく手を振っているとクスクスとユナに笑われる。

「ナユっ。なんだか元気になったねっ?」

俺は振り返る事を止め、デジャブのように繰り返される日常に戻ることを決めたんだ。独りで立ち止まっているよりも同じ所をグルグル回っていた方が少なからず生産的だと今は信じたい。

コウヤの後ろ姿が見えなくなり、見送りが完了したことを確認してから回れ右して校庭とは反対側にある中庭へと歩き出す。
すると余韻に浸っていて俺がいなくなったことに気づかずにいたユナが声を上げながら忙しなく後ろから追いかけてくる。

「わーっ待って! 置いてかないでよっ!」

相変わらず慌ただしい……車の免許は取れないタイプだな。いつか事故るのではと俺は心配だよ。

「ユナもごめんな。……色々気を使わせて。βテストにも一緒に行けなくて……だけど。辞退しないほうが……」
「ううん。謝らなくていいよっ! 3人で行けないなら意味ないから。私はオープンテストがいい!」

ユナはそう言って笑顔を見せてくれた。

「そっか。ありがと・・・・な。」
「だからいいから! ほら、中庭行くよ!」

正直な所、心のどこかにβテストを諦めきれない気持ちがあるけども今はそれよりも三人で笑っていられる方が大切だ。だからもう……忘れてしまおう。
俺はそっと選択肢に手を伸ばす。

≪NEWGAME_YES/NO≫
「何周もしてからゲーム開始だ」

…………。
――ジジジッ

◆◆第23話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA