OVER ENDING【Re:bit】 第24話 ルート分岐

イラスト作者様
リンクイラストはふれっしゅカレイさんから描いていただきました!
Check!宣伝ページ

◇◇

退屈な一日の半分が終わり、今回も使わなかったノートとテキストを鞄にしまう。
意味もなく取りだした携帯端末の待ち受けがひと時の『夢』を想起させる。

筆記試験の結果発表から数日が過ぎて本来の日常に回帰した俺達は気分を一新して新たなルートを開拓していた。
オープンテストに向けて日常生活の消化試合をこなして、願わくば少しでも早く時間が過ぎるますようにと物理法則にあらがう今日この頃。

三人一緒ならそれが幸せであり、そのためになら犠牲を厭わない、それなのに俺達はβテストを諦めオープンテストへと逃げた。
矛盾によって発生した食い違いは各々の心情に影響し、表には出さないものの俺達の関係は少しぎこちなくなっていた。その原因が自身にあると分かっていながらも友情を優先するあまり自らを偽り続け、他人を騙し続けていた。
これでは何も変わっていないが、変わる前の日常に戻る為には必要な事だと自分に言い聞かせて。そう。全部俺のせいだ……。

普段通り教室にやってきたコウヤとくだらない話をしながらユナの板書が終わるのを待っていると教室に残っているクラスメイトが話しかけてくる。

「間ーっ聞いたぜえ。オマエ筆記試験落ちたんだってな! どうせ一夜漬けしたんだろ勿体ねえー奴ッへへっ」

彼の言う通り普段から勉強しておけばこうして休み時間になる度に冷やかされずに済み、むしろ褒め称えられたかもしれないが覆水盆に返らず。考えても仕方ないので適当にあしらうとする。

「らしくねえな間ーっ! もっと考えて行動しろよー得意だろそーいうの?」
「まあ、……オープンテストあるし、別に……」
「おいおい負け惜しみにしか聞こえねえぞ? そんなに落ち込んでるなよっ!」

黙っていれば好き勝手言われ、何か言っても突っ込まれる。そして何を言われても嫌味として受け止めてしまう自分がなにより不愉快。
負の連鎖に陥って深いため息をつくと、見かねたコウヤが救いの手を差し伸べてくれる。

「ナユ。気にスンナって。ほら、いこーぜ?」
「そーだな」

友達おれの為に嫌な立ち回りをして犠牲を払い続けるコウヤが肩に手を回し、なかば強引に安全地帯まで連れ出してくれた。
どうせならこのまま食堂に行ってしまおうと教室の扉に手をかけた所で『忘れモノ』に気づき、足を止めてその場で振り返る。

「置いてくぞユナっ」
「「わーっ待ってよ! もう終わるからっ!」」

そう返事したユナは板書を切り上げて荷物をまとめると、お弁当の入った小さな手提げのポーチを手に取り席を立つ。
何回も繰り返してきたやり取りを済ませ、一時停止を解除し教室の扉を開けると俺はユナを待たずに廊下に出て歩き出した。
教室の中から怒号のような叫び声が聞こえ、壁越しに近づいてくるのが分かる。

「「もおおおおおおっ! いっつも置いてかないで、ってえぇえ言ってるじゃんッ! 私も一緒に――ッッ!!」」

飛び出し注意の標識を無視してアクセル全開で勢いよく合流車線に飛び出したユナは前方不注意で接触事故を起こしてしまった。
ついに事故ったかフラグ回収するまで随分かかったな。
登校時の曲がり角で異性とぶつかると恋に落ちるらしいが、廊下の角でぶつかると何が起こるのだろうか……。

「――イタァ……。ご、ごめんなさいッ!」

「いえいえ。こちらこそ考え事をしながら歩いていたもので。お怪我はありませんか?」

遅れて事故発生に気づいたコウヤはユナとぶつかった相手に見覚えがあるようで血相を変えた。
そしてハイテンション通り越してどもりながら『スーツ姿が凛々しい高身長の彼』の元へ駆け寄る。

「あばばばば、あ、あの、の……さ、ささッ、サカキさんですよね!? Bitを開発した会社のッ!! ウェブ特集で見たまんまのイケメン社長だー! スッゲ! マジすげー!」
「あっほんとだ! すごっ!」
その言葉を聞き、視線を上に向けて顔を確認した。事故に気を取られていて言われるまで気づかなかったが、確かにそこにいたのはNESTネストのCEO兼社長の『さかき 将義まさよし』その人だった。自分の目が信じられず一度視線をはずしユナの方を見てから改めて二度見したが、紛れもなく本人だった。
……ユナ、お前……なんて人にぶつかってんだよッ!

「おいユナ……、すごっ! じゃないだろッ! すすす、すいません、コイツいっつもそそっかしくて……」
「ああーッ!? ナユっ、なんか馬鹿にしてないっ? 馬鹿にしてるでしょッ! ムっカぁーっ!」

張本人は自分が何をしたか理解していない様で俺に怒号をぶつけている。

「ユ、ナ……もしかしてキミが廻結名くんかい? 噂は聞いているよ、一年生で唯一、予選通過した逸材らしいね。初めまして」
「えっ? ……あっ……は、はいっ。初めまして……です」

驚くことに榊さんはユナの事を知っている様子で、初対面にも拘らずフルネームを知っていた。筆記試験合格者ともなれば多少知名度があるのか、それとも予選通過した唯一の一年生がユナだけだったためか。どちらにせよ今触れるべき内容ではないと言葉を飲み込み、代わりに挨拶の言葉を吐き出す。

「あ、あの。初めまして俺、はざま名由なゆって言います! それでこっちはサトウです!」
「さ、佐藤っす!」
「それから、えっと……び、bit凄い楽しみにしています!!」
「ハザマ君とサトウ君ですか?初めまして、よろしく。皆に知っていただけて光栄ですね。」

榊さんは俺らに笑顔で挨拶をしてくれた。性格も良くてイケメンで社長とかチートだよな。

「ところで、東棟にはどう行ったらいいのでしょうか? 恥ずかしながら、道に迷ってしまったようで」

どうやら榊さんは道に迷っているらしく連絡通路への道順を聞かれ、説明下手の俺の代わりにユナが携帯端末を使い丁寧に説明する。
その間、邪魔するようにコウヤが横から引っ切り無しに質問攻めをする。

「さ、ささ榊さんはなんで技育専に来たんスか? やっぱり選抜試験に関係あるんスか? 誰かに会いに来たんスか?」
「ははは、別に大した用事ではありません。私の会社が提供しているVRC端末に不備が無いかの確認と趣味を兼ねた……ちょっとした『下見』ですよ」

技育専のVRC端末はNESTからの一時譲渡という形で納品されている。数えたことはないがあれだけの数を購入するのは政府軍下の指定校でも金銭的に無理だからな、とはいえ数を用意する必要があった学校側はNESTをパトロンに据え最新式のVR端末やオートルームを『レンタル』した。
榊さんは不備の確認と言ったが実際には『監査』といったところか。しかしまあ社長直々の訪問とはご苦労な話だ。

「ええっと……東棟ならこの先を左に行って……」

東棟への行き方を説明し終わると榊さんは時計を気にしながらやれやれと苦笑しながら頭の後ろへ手を当てる。

「なるほど。この廊下の突き当たりを左ですか……助かりました。いやはや私としたことが、遅刻ですね」
「あっそうだ! あのッ榊さんッ! さ、サイン貰っても良いですか!」

別れ際になっても、子供の様にはしゃぎっぱなしのコウヤは天下の社長様にサインをねだり、走って教室に色紙の代わりになる物を取りに行く。

「ハハハ。参りましたね。サインですか……。そうですね、それでしたらもっといいものを差し上げましょう」

にこやかな表情で上着の内ポケットからICカードを取り出した榊さんはユナの携帯端末にそれをかざす。
指で隠れてよく見えないが、かざされたICカードには名前と会社のロゴがプリントされているのが辛うじて確認できた。どうやら名刺のようだ。
携帯端末から電子音が鳴ると画面が切り替わり『新しい連絡先が追加されました』とポップアップウィンドウに表示され、アドレス帳に榊さんの連絡先が登録された。

「これも何かの縁です。それをツマラナイ予定で切ってしまうのは勿体ないですからね。連絡待っていますよ……みなさん」

いきなりのことに呆気にとられ開いた口が塞がらない俺達の元にコウヤが返ってくると榊さんはもう去った後で、サインをもらい損ねた事を悔しがっている。
しかしそれどころの騒ぎではなかった。
訳が分からないでいるコウヤが不思議そうな顔で見守る中、そっと手を伸ばしてユナの頬をつねる。

「……い、痛いよ! ナユっ? まさか大企業の社長からメアドをもらえるなんてねー」

痛がる様子から『夢落ち』では無いことが確認できた。
見せられた携帯端末にはメールアドレス以外にも電話番号とその他諸々の電子情報が登録されていてユナはあの一瞬でキーアイテムをゲットしたようだ。
羨ましい限りだ。あの時俺が携帯端末を出していたらもしかすると……などとセコイ考えが浮かんでしまう。

この瞬間、この出会いから、未だに休み時間になると冷やかしてくるクラスメイトから逃げるように教室を後にしていた俺達の日常は新たなルートへと分岐した。

「「きゃぁあぁあああっ!!」」

どこからか悲鳴のような歓声が聞こえてきたが、榊さんを見た女子たちだろうか?

…………。

◇第24話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA