OVER ENDING【Re:bit】 第26話 レストラン

「ところで間君。きみは選考会を一位で通過したらしいですね、昼間一緒にいた佐藤君もいい結果だったようで。凄いとしか言いようがないですね……特に、廻くんは筆記試験でもいい結果を残している。実技試験でどうなるか……、実に興味があります」

緊張を解そうと小話を振ってくれた榊さんは実技試験を楽しみにしているようだが、その期待には応えられそうもない。
申し訳ないが、もう決まってしまった事で過ぎた事だ。

「……あー。えーっと。実は――」
「私っ辞退しようと思っているんです。一人で受かっても意味ないんで……だからオープンテストに参加しようって話し合って決めたんですっ」

言葉に詰まった俺の代わり簡潔に要点と経緯をまとめた説明をしてくれた。
自分のせいでこうなったのに、それをユナに説明させるなんてまるで責任を押し付けているみたいでかっこ悪いな。

「非常に残念だ。才能ある人間がそれを発揮しないのは罪だね……それは廻くん。……キミの本心かい?」
「……一緒じゃないと、……三人一緒でないとダメなんですっ」
「ははは、ナカヨシ三人組ですね。さて、冷めないうちに食べてしまいましょうか」

オレンジジュースを飲みながら選考会と選抜試験について話していると、程なくして運ばれてきた食べ物なのかアートなのか判断がつかない『金持ち食』を前に再びパニックに陥りそうになる。

「い、いただきます……」
「わーい! 頂きまーすっ」

待ちに待った高級料理にありつこうにも、どこから手を付けたものか。お皿の左右に並べられた大量のナイフとフォークの意味する所がわからない。千手観音でもあるまいし多すぎだろッどれ使えばいいんだこれ……。
フォーク選びに頭を捻っていると「外側から順に使うんだよっ」とユナが小声で教えてくれた。なんで知っているのか……女子力には未知のテーブルマナーさえ含まれているのかと不思議に思う。

「よく知っていますね。立派です。しかし、ここには私達しかいませんし、テーブルマナーなど気にせず自由に食べてくれて良いですよ」

見かけによらず子供の扱いに慣れているのか、わざとメチャクチャな順番でナイフとフォークを手に取って器用にまわし、自由をアピールする榊さんの思いやりに頭が上がらない。
大皿に乗せられた一口大の珍味を頬張るとこの世のものとは思えない洗練された味わいが口の中に広がって頬ごと顔が蕩けて落ちそうになる。
そして幸せの余韻に浸っていると絶妙なタイミングで次の料理が運ばれてくる。

「んーッ! しあわせぇっ、美味しいねナユッ!」

会話を挟みながら食事を続け、高級レストランにも慣れてきたところで不躾ながら一番聞きたかったゲームの話題をぶつけてみる。

「俺ッ、NEVER DOINGすごいやり込みました! bitは続編にあたる作品だって何かの記事で読んだんですけど、本当ですか? ずっと続きが気になっていたんです!」
「そうですね……。まだ詳しいことは言えないのですが、立ち位置的には『続編』と言っても良いかもしれませんね。実験的だったNEVER DOINGのデータを元にアレンジを加えて改良を重ねより素晴らしい作品にしたつもりです。期待してくれて良いですよ」

中学生の時に初めてプレイしてから何十、何百回もクリアしてエンドロールを見るたびに感じていた胸に穴が開いたようなどこか切ない感覚。
それが満たされるかもしれないと知ってからずっと気になっていた。だから誰よりも早くプレイしたかったんだ。
隠すような事でもないので赤裸々と自分の考えを口にする。

「嫌だったんです俺……エンディングが終われば世界を救ったヒーローも、救い出したヒロインも誰もいない。エンドロールよりももっと先に広がる世界を見つけたいんですッ」

「……なるほど。そうですか、エンディングの先が見てみたいと……興味深い……」

他人ひととはズレた価値観を気に入ったのか榊さんは問いかけるように語りだした。
「間君はどうしてゲーミングスクールで成績に直接関係ない座学の授業が必修科目とされているか考えたことはありますか? 技育専での選抜筆記予選でキミは不合格とされたのは何故か。一年生が三年生を対象とした試験問題で半分以上の回答を収めた事実は期待値を折り込めば十分な結果だったと言えるだろう……」

ゲーミングスクールは一般校ではないのに必修科目として座学の授業が存在している。俺はその『存在理由』を前々から疑問に思っていたが、ハッキリとした理由は見つからずただ矛盾として片付けていた。そしてβテスターの参加条件にデータワールドへのリマイン経験を必須としておきながらそれに直接関係ない筆記試験が予選に行われる理由の答えもまた分からない。
もしかするとその疑問が解けるかもしれないと、食事をする手を止めて食い入るように話を聞く。

「……現在、世界は脅威にさらされています。電子事変データシフトよる技術革新の結果、フォルトが出現して現実世界は狂乱に堕ち私達の生活は侵略されました。それから三十年ほどが経ち世界は平和になったとされていますが鎮静化などしておらず実際には膠着状態のままです。今この瞬間にもヒーロー達はFaultフォルトと戦い、リマイナーがAntiDアンチデータの対応をしているんです。世界は電子世界と現実世界に別れてはいるもののその関係性は表裏一体で、『虚像』か『実像』かというだけの二つの世界に与えられたルールは同じもの……同じものなのです……」

二つの世界と二つのルール。精神が残留して、肉体が存続するリマイナーのルーツとなった単語の本質はその辺りにあるのかもしれない。
榊さんの話しは所々理解できなかったが、納得できない所は無かった。難しい内容だけれども不思議とスラスラと頭に入り「うんうん」とつい頷いてしまう。

「……電子世界の正規化を行うリマイナーの養成がゲームで行われている。それはつまり逆説的に電子世界はゲームだという事になります。とするならば現実世界もまたゲームであると言える、そうは思いませんか? リマイナーにしろヒーローにしろソレはプレイヤーの別称に過ぎず、キャラクターを操作するのはいつだって人間なのですよ。私からすればね……」

三十年も振り返って順を追って説明された世界史の授業。しかしながらその授業は今まで受けてきた中で一番時間が速く流れたように感じた。

「……リマイナーとゲーマーは何が違うのでしょうか? 間名由、くん……。――フフフっ」

最後にそう言うと榊さんは目を伏せてほくそ笑み、テーブルナプキンで口を拭いた。

「さて、私はアイスクリームとコーヒーを頼もうと思いますがお二人はデザート、どうしますか?」

なんだか真剣な雰囲気になり空気が重くなってきたところで唐突にデザートを勧められ、重要な所をはぐらかされてしまった。
始めは緊張していたが気さくな榊さんのおかげで思いのほか話しが盛り上がってしまいデザートのアイスクリームを食べ終える頃にはいい時間になっていた。
子供を遅くまで連れまわす訳にもいかないと榊さんは早々に会計を済ませて、俺達は店を後にする。
帰りの車内で高級料理に大満足した様子のユナの隣で先ほど榊に言われた事の真意について思いを巡らせる。

「今日は本当にありがとうございましたっ! すっごくおいしかったですっ! ねッナユっ」
「あ、ああうん。あ、ありがとうございました!」

考えることに夢中で俺は上の空だった。

「礼には及びませんよ。それに感謝するのは私の方です。君たちみたいな貴重な人材に出会えてよかった。わざわざ出向いたかいがありましたよ」

帰りの道のりは行きよりも早く感じ、あっという間についてしまった。

「車の中でずっと考え込んでいたみたいだけれども、答えはまだ出ていないようですね間君。それじゃあクローズドβまでの宿題にしておきましょう。答え合わせはその時……で。はははっ」

家の近くで車を降りると難しい顔で悩む俺に意味深な言葉を残し榊さんは夜の街へと消えて行った。
収まりが悪いままで消化不良の心を深呼吸して落ち着かせる。

「ふいーっ。さて帰るかユナ。ん? ぼっとしてないでほら! 置いていくぞッ」

今日はいろんなことが起きて、おかげでいろんな経験が出来たな。
自宅に向かって歩き出そうとすると後ろから服の裾を掴まれてユナに引きとめられる。

「――ねえナユ! あのさ……もう少し。少しだけっ! 大事な話がしたいんだ」

振り向くと顔を赤らめ俯くユナが街灯に照らされ幻想的な雰囲気をまとい、いつにも増して可愛く見えた。

◇◇第26話

各話サブタイトル作者
登場人物紹介こちらNORA×絵師様
プロローグ/第0話主人公補正KAITO×NORA
第1話偽りの始まりKAITO×NORA
第2話A.シャンプーKAITO×NORA
第3話ミス・パーフェクトKAITO×NORA
第4話馬と鹿KAITO×NORA
第5話忍者だってッKAITO×NORA
第6話トレードオフKAITO×NORA
第7話正義と欠陥KAITO×NORA
第8話死に急ぐ者KAITO×NORA
第9話友の追悼KAITO×NORA
第10話四番モニターKAITO×NORA
第11話ボーナススコアKAITO×NORA
第12話試験範囲KAITO×NORA
第13話アルファリーダーKAITO×NORA
第14話トレジャーハントKAITO×NORA
第15話チェックシートKAITO×NORA
第16話レバガチャKAITO×NORA
第17話記念写真KAITO×NORA
第18話手応えKAITO×NORA
第19話仲裁KAITO×NORA
第20話気遣いKAITO×NORA
第21話不貞寝KAITO×NORA
第22話ナカヨシKAITO×NORA
第23話ハーフタイムKAITO×NORA
第24話ルート分岐KAITO×NORA
第25話リアシートKAITO×NORA
第26話レストランKAITO×NORA
第27話夜の景色KAITO×NORA
第28話アクビKAITO×NORA
第29話ネクタイKAITO×NORA
第30話ドラゴンブレスKAITO×NORA
第31話尻尾KAITO×NORA
第32話反省会KAITO×NORA
第33話ノーデリカシーKAITO×NORA
第34話待ち時間KAITO×NORA
第35話キョウイKAITO×NORA
第36話リプレイデータKAITO×NORA
第37話初見明人KAITO×NORA
第38話ラクガキKAITO×NORA
第39話模範解答KAITO×NORA
第40話レシピKAITO×NORA
第41話実技本戦KAITO×NORA
第42話ファーストブラッドKAITO×NORA
第43話絶望と記憶KAITO×NORA
第44話試験開始KAITO×NORA
第45話醍醐味KAITO×NORA
第46話作戦開始KAITO×NORA
第47話必殺の一撃KAITO×NORA
第48話全力の結果KAITO×NORA
第49話ルールの思惑KAITO×NORA
第50話閉会式KAITO×NORA
第51話/第一部完結優勝チームKAITO×NORA

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA