【登場人物】エリス

消えた伝説の魔女

 

「なぁ知ってるか? 人間は死んだ後の数秒はまだ聴覚が生きているらしいとさ」

「――私のいいたい事分かるか?」

「君らリマイナーだろ?なら、先輩が後輩を助けるのは当り前さ」

 

説明小説宣伝調査報告書
【ステータス】
■名前 / 本名
エリス/エリス・アイゼンフーヴァー

■容姿
・性別

・身長
167cm

・体重
57kg

・年齢
22歳(2032年当時)

■種族 / 人種
人間/ギリシャ人
後にデータ人間となる

【武器 / 能力】
■能力
運動神経 上の中の上
身体能力 上の上の中
知能指数 特上の中の中
■特殊能力
VOID(タブ参照)

■武器
・ バスターソード
・薙刀
・その他大型武器

【所属】
■味方or敵
味方
■所属 / 階級
ヨーロッパ政府軍ドイツ本部第一魔術中隊(後にV-end)/大尉
■主な活動世界
データ世界

【趣味 / 特技】
■趣味
・読書
・戦場で戦う事

■特技
・魔法と武器変更の同時展開
・複雑な魔法を作る事

【好きなもの / 苦手なもの】
■好きなもの 
・味の濃い食べ物
・コーヒーに砂糖少量
・決断力のある人
・音楽はジャズ

■苦手なもの
・優柔不断な人
・逃げ出す人
・ヘビーメタル
・本当に甘い食べ物

【小説】

◆代理
【Twitter】
@emanak0714
【Pixiv】
http://www.pixiv.net/member.php?id=4600308
【アンエク依頼イラスト】
アンエクイラスト集

【研究者 / 瀬尾標生】

  • エリスの魔法【VOID】
    • Java言語のVOIDクラスから引用
      • 特徴として、コードの命令がメソッド内で処理され終わる
      • 結論をインスタンスデータに保存できない
    • 結論を保存できない=結論はない、カラの結果を生むだけ
    • VOIDクラス(魔術壁)に魔法が触れれば消えてなくなる
      • 簡単に言うと敵の攻撃を消す
    • カラの結果を生んでもちゃんと起動するためには手数が増える、かなりの上級魔術

 

  • 2030年、軍への強制編成制度の適応試験
    • 新兵全員が受ける
    • 試験には色んな項目があり、各点数の結果によって編成される
      • 肉体的強度
      • 肉体的持久力
      • 演算能力数値
      • 状況適応力
      • 集団指導力
      • その他諸々
    • 肉体的強度と演算能力数値を比べて、肉体的強度が高ければASH、演算能力数値の方が高ければリマイナー
    • 状況適応力と集団指導力は数値が上がれば上がるほど昇格が早い
    • 各種目の点数が200以下だと戦力外とみなされて軍隊から外れる。(点数を誤魔化そうとする輩がいるけど、受ける人がどうこう点数を操れるような試験ではない)

 

  • ヨーロッパ政府軍魔術部隊
    • 演算能力数値が450点以上の場合に入隊許可がおりる(1000点満点)
    • 歩兵部隊とは違って、小隊は20名、中隊は60名(三個小隊)、大隊は300人(五個中隊)
    • 本部はドイツにあり、イタリア、スペイン、ギリシャ、イギリス、ロシア、ウクライナ、ポーランド、ローマニア、ノルウェイに支部がある。
    • 勢力はやはり本部のドイツに集中されている。
    • ヨーロッパ政府軍本部はアレクサンドロス・R・ロフラー大元帥によって設立。大元帥は設立してから6年後(2036年)に寿命によって死亡

 

  • ダイバージェンスプロジェクト(通称)
    • 本当のプロジェクト名は存在しない
    • 2031年にプロジェクトがある組織の元で始動。
    • 目的
      • 再上位ランクリマイナー、エリス・アイゼンフーヴァーのクローン化の成功
      • クローンの量産型を製造
      • ある組織の戦力としての活用
      • 2034年の春に実験が成功、アイリスが生まれた
        • だがこれ以降クローンの生成が難しくなってクローンの政策をやめ、デザイナーズチャイルドを作ることに専念する。
        • デザイナーズチャイルドの初成功作品としてサンプルネーム【叢雲】が2034年の冬に生まれる
      • 2032年に研究所をあるASH達に荒らされて廃棄。直ぐに研究所をある組織の基地の一つの地下に移す。
      • 2040年にASHに終止符を打たれるが、もう既に試験体はある組織の戦力となったか他の戦力となった

 

【質問/回答】

  •  リマイン中の肉体の死亡は電子体にどのような影響を与えるのか?
    • 電子体は現実世界の肉体が死んでも電子世界に残る
    • 理由はリマインすることによって肉体と精神が二つに分かれて精神が電子体に移動するから、肉体が死んでも精神は電子体に定着したままになる。
  •  電子世界での魔法はどの様なプロセスを得て発動するのか?
    • ゲームと同じように、物理理論に元ずくことなく“魔法そのもの”を生成する。
    • プログラムを呼び、メソッドに書いてある命令を実行する。

シェアして貰えると創作の活力に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA